なんちゃってWEBデザイナーだったり、エセ主婦だったりする「あこまる」のあれこれ。
大阪地方協力本部 女性防衛モニター12期生(2011年度)として活動しました。
これからも「乗りミリ」「話しミリ」として、自衛隊好きはやめられませーん!
投稿日 : 2011.06.01
カテゴリー : ジョモニ, 自衛隊

自衛隊女性防衛モニター:防衛講和(その2)


自衛隊大阪地方協力本部 女性モニター制度
防衛講和 その1

その1を書いてから、バタバタと仕事が忙しかったりして
ずいぶん間が空いてしまいました。仕事はまだ山ほど残ってます(つД`)
でも書きたかったことは山ほどあるので その2いきます!

「自衛隊の災害派遣について」というテーマで話が進んでいったのですが
その中で印象に残ったのが「初めて」なことだらけだったということ。

・陸海空 合同での活動
・米軍との合同での活動
・予備自衛官の招集

どれをとっても、訓練はあっても 実際の活動は今回が初めて。
陸海空なんて、一緒にやるもんちゃうの?と思ってたアタシには目からウロコ。
しかもこれ、訓練レベルでも 平成18年からスタートしたらしい。
えー?! じゃあ阪神大震災はー?と 思わず手元にあった資料を見つめてしまいましたよ。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが
アタシゃ阪神大震災で被災したうちの1人です。
あの瞬間は三宮で、夜遊び真っ最中。
もう朝やねー 朝ごはんでも食べて帰ろうかー なんてのんきに言うてたら
ガーンと来て どんがらがっしゃん バーン! って。
…アタシゃ福本さんかwww

まぁその話はまたの機会にしますが
あの阪神大震災でも、自衛隊の方にはずいぶんお世話になりました。
でもあの頃よりも今の方が、組織としては汎用が効くようになってるってことなんだろね。
日本はいざってとき頼れるのは自衛隊と警察しかないんだから
これからも、そうであってほしい と強く思いましたわ。

あと「自己完結性」のお話。
自衛隊が出動せなあかんぐらいの災害が起こったってことは
インフラなんて全滅してる可能性もあるってわけで
そういう場所へも、自衛隊なら行けますのんよ と。
悪路を走れる車で災害地へ乗りこんだり
救助訓練をがっつり積んでるヘリが飛んでったりして
現地じゃテントを張って 自分たちで食料を持ちこんで
水をろ過し、炊き出しする車もあり、入浴する設備も持って
とにかく「衣食住」全てを自分たちで賄えるってこと。
普段から訓練して準備して、全てに備えてる組織だからこそ
それが可能なわけで。やっぱり防衛予算は減らしたらあきませんわw

東日本大震災の活動実例もいくつか 資料で見せてもらったんですが
まぁ、とにかくすごい。
橋が落ちてしまって、でもそこを通らんかったら 物資運搬もままならん
ってな場所に、仮設で橋をかけたりするわけです。
クレーンつかって、パネルつかって ばばーんと。
道路も、同じく通れないところのがれきは最優先で片付けるわけですよ。
行方不明者の捜索も、がれきを片付けつつ がりがりやるわけで。
でもそんな説明を受けてる間も
あー 神戸んときはあーやったなー こーやったなーとか思いだして
しみじみ当時お世話になった自衛官さんたちはどうしてるんやろかと
想いを馳せたりしておりました。…話を真面目に聞けよっちゅーツッコミが入りそうですが。

がれきの中から助かった赤ちゃんを抱いて、ほほ笑む自衛官さん。
あちこちで有名になった画像やけど、ほんまえぇ笑顔(´∀`*)ウフフ

ただ すげーなー と思いながらも
自衛隊の本分は災害派遣とちゃうねんで という気持ちもあったり。
こういう大きい災害のときは ありがとー ありがとー で
自衛隊嫌いー言うてたオバちゃんとかも ありがとー やけど。
喉元過ぎれば熱さ忘れるっちゅーかね。
どっかの議員さんも「暴力装置」って言うてはったぐらいで。
外に向いてても 中に向いてても 「国を守る」っちゅー意味では
根本は同じことやと思うんやけどなぁ。

なんて言うんやろ ものすごい例えが悪いかもしれんけど
知人が亡くなる なんてことはないほうがええんやけど
それでもみんな、えぇオトナやったら喪服ぐらい持ってるやんか?
1回も着ずに済むなら そんな幸せなことはないけど
それでも用意はするやんか。で、それは決して無駄遣いじゃない。

防衛予算と自衛隊の関係ってのは、それに近いんちゃうかなーと。
大規模災害とか 海外からの侵略とか
そんなんはあったらあかんこと。なければそんな幸せなことはない。
でも、いざってときに何の準備もなかったら
されるがまま なすがまま 助かるはずの人も助からへん。
だから自衛隊ってのがあるんちゃうんかなーと。
あくまでアタシの個人的な考え方ですが。

でもでも ずいぶん昔、自衛隊のパイロットさんがテレビで言うてた
こんな言葉も思い出すんよねー。

1回出動で何千万かの費用がかかり、無駄使いと指摘されますが
そのような意見が存在することこそ健全な社会だと思います。


あと、以前に2ちゃんで見たカキコミ。

右から見れば左に見えるし 左から見れば右に見える。
でも、両翼揃ってこその翼なんだよね。


どっちも そうだよなーと しみじみ考えさせられた言葉。
自衛隊好きですねん 言うたら
「そんな右寄りやったっけ」って つい最近言われたんやけど
別に右でも左でもないつもりやねんけどなぁ。

あ、どんどん話がずれていってるwww

まぁなんにせよ、いろいろ自分の目で見て 知るっちゅーのは大事ですな。
「学歴なんて関係ない」って言葉は 東大出てから言いやがれってことですわw
いや、アタシが自衛隊入ってるわけじゃないんやけどさw

まだまだ現地で頑張ってる方もいらっしゃるだろうけど
写真のように各地で撤収になった部隊もあるようで。
地元の方に御礼を言われて花束までいただいたってニュースが載ってました。
この気持ちを、平時でも少しだけ 持ち続けたいし
なんかあってお世話になったら神戸の時のぶんも
ちゃんと「ありがとう」って言いたいなぁ。
もちろん、まだ現地にいらっしゃる方々の安全を心から祈り
早く民間人も自衛官も みーんなが
普段通りの生活に戻れる日が来るのを祈っています。

初めての駐屯地訪問 今津駐屯地へ 編を読む

12 件のコメント

  1. 河童の沙悟浄 より:

    自衛隊の人は素晴らしい!

    むか~し国民宿舎で働いてた時に近くの駐屯地の皆さんで貸し切りにされたことがあったことを思い出します。
    料理運ぶのとか、空いた皿の片付けとか、すごく手際よく手伝って下さって… :dance:
    ぁ、そう言えばその1週間後に一人の自衛官さんが
    「この手紙を事務の黒髪の人に渡して下さい。」
    とラブレターをもって来たなぁ…

    「○○(私以外の黒髪)ですか?」と聞くとしばらく悩んで
    「…貴女でいいです。読んで下さるだけでいいので。」
    と去って行かれたっけ……

    貴女『で』かぃっ! :www:
    あの人元気でいらっしゃるかしら・・・? :onigiri:

    • あこまる より:

      貴女「で」っつーのは、近くで会ったら
      貴女の方が美しい!って思ったんじゃないのー?
      と、フォローしてみるw

      お手伝いしてくれはるのってええねぇ
      えぇ旦那さんになるんちゃうかしら(´∀`*)ウフフ

  2. koji より:

    いまなぁ、那覇(それも空港そば)に居るやんか。子供の友達の父ちゃん自衛官だらけやねん。それも皆若くて体鍛えてて。ほんま男前ばっかり。

    んでうちの子らもはや父ちゃんのこと

    飲んだくれのデブ

    あつかいや。わしにどぉせぇ、っちゅうねん。

    でも空自と海自の若くて航空機整備士やってるお父さんたちに
    ”今度お話聞かせてください”
    って誘われてまんざらでもない気分。きっと自衛官の整備士はうちの”僕ちゃんもうムリポ”社員なんかより気合い入ってるんだろうなぁ。 :onigiri:
    新入社員入隊させたい。 :www: イヤ昔から実際企画はあるらしいんだが、ね。

    • あこまる より:

      あはは、比較対象のレベルが高いなぁ!
      若くて格好いいライバルばっかりやもんなぁ。とーちゃん大変やー!

      でもベテラン航空整備士として、彼らに尊敬されてるとこ見せたら
      とーちゃん>自衛官のにーちゃん になるんちゃうの?
      ガンバレとーちゃん! :gaha:

      社員研修で自衛隊行く会社もあるよねー
      こーじさんとこなんて、めっちゃありそうやのに。
      なんならこーじさんがガッツリ推進してみたら?

  3. 広報班長 K少佐 より:

     あこまるさん、広報班長の「検閲」です!

     毎回ブログを楽しく拝見しています。更新を心待ちにしておりました。
    「あこまるどっとこむ」を通じて、多くの方が自衛隊に興味・関心を持って頂けると嬉しいですね。

     次回はいよいよ陸上自衛隊研修です! 日本の防衛のため、陸自がどのような訓練を実施しているか体感して下さい。

     大阪地本女性防衛モニターは、自衛隊を「楽しく学ぶ」ことをモットーにしています。あこまるさんには12期モニターのムードメーカーとして、今後の活動を大いに盛り上げて頂きたいと思っています。 宜しくお願いします!

    • あこまる より:

      けっ 検閲きた… :www:

      アタシが浮かれまくって あちこちで話したり書いたりしてることが
      なんかのお役に立てるなら嬉しいです。

      いやー、次の研修 めっちゃ楽しみです!
      そろそろお泊まりセットの用意 はじめなあきませんわ :love:
      お土産、山ほど買うてしまいそう… :ase:

  4. マロ より:

    無事にレポート出しました~◎
    ブログ読んで改めて色々思いだしましたッ
    東日本大震災があったからこそ、じゃなくて日頃から「備えあれば憂いなし」を忘れないようにしたいです!
    で来月の準備しないと!!寝間着とか(笑)

    • あこまる より:

      コメントが隠れてて、お返事が遅くなってしまいました。
      すんません ごめんなさい!

      レポート、意外とプレッシャーよね :ase:
      アタシゃ書くのは嫌いじゃないけど
      どうしても口語調になってしまって
      きちんと書こうと思うと おんなじパターンの文章だらけで
      小学生の作文みたいな仕上がりやったわ(笑

      パジャマの用意はでけたかー? :www:
      アタシゃ準備万端。あとはバッグに詰めるだけ!

  5. もへ妻 より:

     あこまるさん、こんばんは~!
     阪神大震災、真っ只中だったのですね。
     わたしは六甲山の裏側が実家(それでも神戸市(^ ^;)におりました。

     家に被害はなかったですが、生活は色々不便でしたし、自衛隊を初めて身近に感じたのもあの時だったなぁとか。

     シュミレーションってのは、なんにおいても大事ですね。
     それを考えているのといないのとでは、対応は雲泥の差です。

     「想定外」ばかりでは、なんにも考えてないんちゃうと言われても仕方ないというかなんというか。

     これからも「体感・体験報告」、楽しみにしております!

    • あこまる より:

      もへさん、すっかりお返事した気になってました
      遅くなってごめんなさい :ase:

      阪神大震災の時は、自宅は大開、会社は三宮(どちらも全壊)
      しかもその瞬間は三宮で飲んだくれているという
      どうにもこうにも…な感じでした。
      死ななかったことが不思議なぐらいです。
      あれまでは「自衛隊」なんて、なんかコワモテの集団…
      ぐらいにしか思ってませんでした。

      今年の流行語は
      「想定外」 「ただちに影響はない」 どっちかですかね :ase:

  6. ももイチゴ より:

    初めてコメントさせていただきます

    もへ妻さんと同期の11期モニターです
    委嘱式ではあこまるさんの斜め後ろに座っていました
    もへ妻さんからブログのアドレスを教えてもらい、私も検閲(!)しにきました

    これからも時々訪問させていただきますね
    よろしくおねがいします

    • あこまる より:

      諸先輩方の検閲ががががが!
      4月の講話の際は、私の広い背中で視界を遮ってしまって
      大変申し訳ありません :ase:
      昨年の活動との違いや 注意点などあれば
      どんどんご教授くださいまし :love:
      …もっと真面目にやれぇ! と怒られないよう
      マイペースで頑張りますっ!

ご意見・ご感想をお気軽にお書きください。 コメントは管理人の承認後に表示されます。


:www: :thanks: :run: :punch: :pre: :ouji: :onigiri: :ok: :love: :love2: :kira: :hyaho: :gaha: :dance: :chu: :cat:: :ase: