なんちゃってWEBデザイナーだったり、エセ主婦だったりする「あこまる」のあれこれ。
大阪地方協力本部 女性防衛モニター12期生(2011年度)として活動しました。
これからも「乗りミリ」「話しミリ」として、自衛隊好きはやめられませーん!
投稿日 : 2011.06.18
カテゴリー : ジョモニ, 自衛隊

自衛隊女性防衛モニター:今津駐屯地(その3)


自衛隊大阪地方協力本部 女性モニター制度
今津駐屯地訪問  その1  その2

戦車体験が終わったあとは、いったん官舎へ戻って自分たちのお泊まりする部屋へ。
12人全員が一度に泊まれる部屋は無いので、A班とB班に別れてお泊まり。
A班は実際の自衛官と同じ建物へ、B班は外来の方のための建物へ。

外来の方のため、っつっても 他所の部隊が来たときに泊まる部屋っぽくて
これがもう、今時こんな質素なプレハブ?の施設で寝泊りするのは
自衛隊だけだろーっつーぐらい 簡素で質素な感じ。


ただし貸してくれるシーツと枕カバーは
手が切れそうなぐらい糊が効いてます。上にご飯のせて運べそうなぐらいです。
…敷きにくい寝にくいで、揉んでから使ったっちゅーねんwww
ちなみにそんなシーツと枕カバーは、自衛官が洗濯&アイロンがけするそうです。

トイレと洗面所は外です、外! しかも電気がつかないっちゅー、罰ゲームレベルw
でもさすがに民間人&女性の私たちには
隣の医務棟の洗面所&トイレをお貸しいただくことになりました。
朝の身支度もそちらの洗面所でしたので この日の当直さんは不幸にも
B班のメンバーのすっぴんを見ることになってしまって気の毒wwwww

そんなお部屋を、帰ってきたら寝られる状態にしたり
演習場に行くのに空模様が怪しいので雨具の用意をしたりして
17時からは、出かける前に晩ご飯となりました。
この日の夕方から厨房の清掃だかなんだかが入ってて
残念ながら普通のお弁当でした。ほんまに普通のシャケ弁…。

腹ごしらえが終わったら、演習場へ。
この時に初めて演習場に入ったのですが、とにかく 山! 山! 山!
撮影はまずいだろうと思って、射撃研修の場所までの道のりは撮影してないのですが
とにかく山道。道も舗装されてないし、とにかく山です(しつこい)

途中、熊が出るから注意だの こっから先は戦車通行禁止だの
市街地こちら(市街地訓練用のエセ街がある。でも全然街じゃないwww)だの
民間人にはわけのわからん看板を眺めながら走ること15分ぐらい?
やっとバスが止まって、高台へあがることに。

高台に上がるまえに、全員が鉄のヘルメットを被ります。
これが いわゆる「テッパチ(鉄帽)」ってやつかー!と感激。
被り方がわからず、みんなあたふたしてたら
引率の陸上自衛官のお二人が助けてくれました…。
被ったら被ったで、どえらいこと重くて 下が向けない!
だって下向いたら 次に顔が上がらなくなるねんもん!www
モニター全員そんな状態で、動きがぎこちないったらありゃしないw

高台から見た全景。とーにかく広い。
アタシゃいったい、今どこで何をしてるんだ?と混乱しそうな広さです。

慣れない鉄帽と高台への急斜面に ひーひー言いながら高台に上がると
い か に も 陸 上 自 衛 官 !
って感じの中隊長がお出迎え。ぶっとい腕に、煮しめたような日焼け。
こんな腕と日焼け、陸上自衛官か漁師しかありえへんでー!って具合の。
この日 私たちに説明してくださったY中隊長は イラク派遣にも参加なさってたそうで
さぞかし部下の皆さんには怖いお方なんだろうなぁー って感じでした。
私たちにはとっても優しい笑顔の素敵なナイスガイでしたが。

そんな中隊長が、今日の訓練をイチから説明してくださいました。
実は自衛官ってのは、入隊したらすぐに全員が
一般企業でいうところの「正社員」というわけではないそうで
任期制の自衛官候補生や 非任期の一般曹候補生 ってのを経て
承認試験を受けたり、選考されたりしたうえでやっと
正社員にあたる「陸曹」っちゅーもんになるそうです。
今回の訓練は、その陸曹になるための過程である
「陸曹候補生過程」の卒業試験の一部。
ここを無事卒業できてこそ、一人前の自衛官として認められるそうです。

だから訓練に携わってる方々の本気っぷりったら半端ない!
ここで脱落するようなことがあれば、半人前のままで終わってしまう。
何が何でも一人前にならなくては!という ピーンとした空気が張り詰めてました。

こちらは実際に砲台を撃つ係ではなく
砲台を撃つためにあれこれ計算したりする指揮所。
皆さんの視線の先は、着弾地点だったり 砲台とその周りの方だったり。

その中でも「夜間射撃訓練」ってことで、「照明弾」というものを発射するとのこと。
え? 弾、撃つのん? と ちょっとドキドキ。
そりゃそーか。そのためのクソ重いテッパチか、と納得。
ちょうど説明が終わった頃に、発射の合図の赤い旗が振られて
ドーン!と空へ向かって大きな音が鳴り響きます。

発射してから15秒か20秒ぐらい? ちょっと時間がたってから
空にポッと明るく光る照明弾。実戦ではそれをいくつか撃つと
闇夜の中でも、自分たちの攻め入る方向がはっきりと見えるぐらい明るいそうです。
確かに、小さいお月さまが出来たぐらいの明りが空に広がります。

少し空に明るさが残っている間は、こんな感じ。ピンボケですんません(´・ω・`)

もっと空が暗くなってくると、照明弾の明るさが よーくわかります。
お月さまと違うのは、明るい光に煙のしっぽがついてるのが見えること。
写真にも微妙に写ってますが、ちゃんと見えるかなぁ?

しばらく経って、高台から眺めていた私たちに 中隊長の驚愕の発言。
「では、次は下から見ていただきましょうか。」
…んあ? 砲台にもっと近寄れと? 今でもすげー音するんですけど?
平気な顔を装いながら、霧雨が降る中 ぬかるみを歩いて砲台に近寄ったのですが
内心 えっらいことドッキドキでした。

近い! ここまで近寄ると こっちまで緊張する! ってぐらい近いです。
見やすいように画像を加工しましたが、実際はもっと暗くなってました。
ちなみに紅白の塗分帽のひろーい背中が中隊長です。
鉄帽の上から色違いの布をかぶせて、遠くの位置でも役割がわかるようにしてあるそうです。
紅白塗分帽は、この場所で一番偉い 中隊長の証。

これぐらいまで近寄ると、隊員さんたちの合図の声が ダイレクトに聞こえてきます。
しーんと静まりかえった演習場の中、かなりの距離があるにも関わらず
次の指示の確認等が もんのすごいえぇ声で響き渡ってました。
そして、ほんの50メートルほど先(に思えたけど、実際はどれぐらいやったんやろ)の砲台から
ドーンと発射される照明弾。高台で見るのとは、全然迫力が違いました。
最初はいちいち驚きましたが、さすがに5発ぐらい聞くと 少し慣れました。
やっと慣れたかなーと思った頃に訓練終了。
ぽーっと熱に浮かされたような気持ちになったのは、私だけじゃないはず。

バスの中では興奮冷めやらぬ同期と、あーだこーだとわいわいがやがや。
実際に弾を撃つとあんなに空気が揺れるんだということや
あれだけの音が出るんだから、そりゃ演習場って広いはずだわ
なんて話をしながら、今日の疲れをいやすべく 市街地のお風呂へ向かいました。
あ、市街地つっても 演習場のエセ市街地じゃなく 本物のほうねwww

駐屯地にはこれだけ多くの女性がお風呂に入れる施設がないので
駅前のホテルの、日帰り入浴施設でぱぱーっとひとっ風呂。
一時貸切としていただいていましたが、そう広い施設ではないので
またもやA班とB班にわかれて ばばばーっと急いで入浴。
時間が決まってるから、さっさと入らねば迷惑がかかる!ってんで
普段なら鼻歌でも歌うとこですが、ものすごい大雑把に入浴w
でもあちこち移動したり、見たことのないものばかり見て汗もかいていたので
もーんのすごいスッキリ。こりゃー今日は よー寝れそうやなー なんて。

全員の入浴が終わって駐屯地に戻ったら
9時半を少し回ったところ。ここから11時の消灯までは自由時間。
同じ宿舎のB班のメンバーと、なぜか政治論議なんぞしていたら
あっというまに消灯時間になりました。

早めの消灯と、静かすぎるぐらい静かな空間で
疲れているはずなのに なかなか眠れなかったのですが
ベッドの中で1時間ぐらいごろごろしていたら
気付かぬうちに眠りこけておりました。が。

途中、えっらいこと降ってる雨が屋根を叩く音やら
なんだか慣れないベッドの感触やらで、何度か目を覚ましてしまい
5時過ぎに目が覚めたときにはトイレ行きたくなって
隣の建物までトイレ行くと、すっかり目が覚めてしまうという残念な状況。
そのおかげで準備に余裕ができたうえに
朝の琵琶湖も眺められたから、良いっちゃー良いんですけどね…。

あ、そんな時間のおかげで 同期のFさんとも二人っきりで少しだけお話。
わいわいしてるだけでは得られない貴重な時間だったので
朝の空気と相まって なんだか清々しい気分になれました。
…アタシも頑張らなあかんなぁー。
何の話したかって? それは ヒ・ミ・ツwww

まだまだ続くよ!w その4へ。

—————-
6/19 追記
その4に行く前にー
夜間射撃の様子を撮った動画があるのを思い出して
慌てててアップしました。 こちら

2 件のコメント

  1. マロ より:

    演習場の写真、キレイー。
    実は私、デジカメが電池切れで使えなかったので・・・(泣)
    読んでたらなんか迫撃砲の音と振動が蘇ってきた~。

    • あこまる より:

      いあいあ、i-phone画質+加工ですんません :ase:
      あんなに近くで発射見れるとは思ってなかったから
      いまだに思い出すとドキドキするわー。
      今更ながら、えらいとこへお邪魔したんやなーと思うと
      もっと色んなお話をして、もっと写真撮れば良かった…。

      10月の駐屯地祭、ぜひとも行きたいなぁー!

ご意見・ご感想をお気軽にお書きください。 コメントは管理人の承認後に表示されます。


:www: :thanks: :run: :punch: :pre: :ouji: :onigiri: :ok: :love: :love2: :kira: :hyaho: :gaha: :dance: :chu: :cat:: :ase: