なんちゃってWEBデザイナーだったり、エセ主婦だったりする「あこまる」のあれこれ。
大阪地方協力本部 女性防衛モニター12期生(2011年度)として活動しました。
これからも「乗りミリ」「話しミリ」として、自衛隊好きはやめられませーん!
投稿日 : 2011.07.28
カテゴリー : ジョモニ, 自衛隊

自衛隊女性防衛モニター:小牧基地(その3)


小牧基地その1 : その2

お昼ご飯を食べたあとは、とうとうホンモノの飛行機とご対面!
小牧基地には輸送機やらヘリコプターがいろいろ配備されてるのですが
この日はC-130H(ロッキード社製)に乗せていただくことに。
乗る、ちゅーても飛ぶわけじゃないんですがw

ちなみに小牧基地のC-130Hくんは
「第1輸送航空隊・第401飛行隊」の飛行機。
ソマリア沖での海賊対策に海外派遣されたこともある飛行隊です。

遠目に見るC130ちゃん。ぷちゅっと出たお鼻が超キュート!
ちなみに愛称の「ハーキュリー」は、ギリシャ神話に登場する英雄
ヘラクレス を 英語読みしたものです。強そうなネーミングよねー。
ちなみに第401飛行隊の部隊名も「ヘラクレス」だそーです。
ちょうど駐車場が手前にあったから、車が邪魔だったらありゃしないwww

両方の翼に、2個ずつプロペラがついてます。
世界最高の輸送機、との呼び声も高い名機。
アメリカを中心に西側諸国で 実に69カ国で活躍中です。

イラク・クウェートへの海外派遣のときも、彼が大活躍。
色んな国が運用してるので、海外でも部品調達ができて
メンテナンスもしやすい、という利点もあるそーです。

ちなみに、この水色の機体は「イラク仕様」なんて呼ばれる海外派遣用塗装。
元々はグリーンの迷彩塗装です。個人的には迷彩の方が好きです。
陸自の空挺団とか、この機体から降りてくるイメージがあるわー。
(これは私が撮った写真じゃなく、Google検索でもらってきた写真です)

機体後部の貨物室部分はこんな感じ。
赤いのはゴム? たんなるロープ? 触ってないからよくわからないんだけど
これで荷物をずれないようにおさえたりするのかなー。

操縦席の計器たちはこんな感じ。
何がどうなってるのか、素人目にはさっぱりわかりません。
ただ、想像以上に狭い。操縦席の広さは、4トントラックぐらいしかない感じ。
座席後部にも計器びっしりで、とにかく中は機械だらけ。
操縦士さんって、全部どこに何があるか知ってるってことやんねー?と思うと
そりゃ「航空加給食」もあるわーっちゅー話www

もっちろん コクピットに座らせてもらいましたよ!
テンションあがるったらありゃしないwww
想像より下向きの視界が狭かった気がするんやけど
着陸んときとか足元見えへんのにどうするんやろ?

機内に貼ってあった、他部隊(ちゅか、米軍だな)のステッカー。
米軍との演習やら、一緒に作業したりしたときにもらったのかなぁ?
しかし米軍の飛行機っちゅーのは、セクスィーなお姉さんが書いてあるものというイメージは
アタシが「メンフィス・ベル」(アメリカの映画)好きなだけなんでしょーかwww

みんなわいわいキャーキャー言いながら記念撮影しまくってました。
ただ、とにかく機内は 暑い! 暑い! 暑い!
気温35度以上だったこの日、なおかつ飛行場なんてのは炎天下で陰になるものもないので
駐車場に置き去りの車を想像していただければ良いかと。
操縦士さんに聞いたところ、エアコンは一応あるそうで ひと安心。
「窓は開くんですか?」と聞いたら、開くけれど運行中は閉めてます とのお答え。
当然っちゃ当然か…www

ちなみに、ハーキュリーくんでアメリカに向かうと、大体5日ぐらいかかるそうです。
この小牧基地にはKC-767っちゅーボーイング製のでっかい輸送機もあるのですが
(いわゆるボーイング767の自衛隊@輸送機。
 日本には早期警戒管制機のE-767ってのもありますのんよ)
それだと2日ぐらいで着けるそうですが、時差ボケしちゃうそうですwww
この日に説明を担当してくださった操縦士さんいわく
「5日ぐらいかけて行くほうが、徐々に時差に慣れるから楽なんですよね」とのこと。
ハイチへの自衛隊派遣も、ハーキュリーくんが大活躍だそうです。
もちろん東北関東大震災でも大活躍してはったのは記憶に新しいところ。

なんだか見るもの全てが珍しいせいか、暑さのせいかはわかりませんが
頭がぽーっとするような感じで飛行機から降りて、次の見学場所へ。
そんな移動中、たまたま航空自衛隊の消防車?が通りかかったので
慌ててカメラを向けると、撮ってるのに気付いてくださったのか
いったん止まってくださいました。運転手さん優しいったらありゃしない!
撮れたよー! ありがとー! とお辞儀をすると 手を振りながら去っていく消防車。

詳しいことはわかりませんが、たぶん破壊機救難消防車の一種。
要するに、万が一 飛行機が墜落したりしたときに
燃料が燃えちゃうような火事が起こったときに消火活動したり人命救助したりする消防車。
知識として知ってはいたけど、生で見るのは初めてだったのでちょっと感動。
想像以上にでっかくてビックリでした。
…彼らの任務が激烈猛烈に暇であることを心から祈ります。

っとまぁ、飛行機オタのような記事になってしまいましたが
次は「救難教育隊」のお話に続きます。【続きを読む】

2 件のコメント

  1. マロ より:

    飛行機ヲタ!(笑)
    それにしてもコックピット暑かった~。けど座れて感激☆

    • あこまる より:

      ヲタ言うな!(笑

      ほんまコックピットはサウナやったねぇ…
      一応エアコンあるつってたけど、どれぐらい効くんやろ?
      まぁ炎天下の車でもクーラー効くんやから大丈夫かな?

      しかしあっさり座らせてくれたのに拍子抜けしたんはアタシだけ?(笑

ご意見・ご感想をお気軽にお書きください。 コメントは管理人の承認後に表示されます。


:www: :thanks: :run: :punch: :pre: :ouji: :onigiri: :ok: :love: :love2: :kira: :hyaho: :gaha: :dance: :chu: :cat:: :ase: