なんちゃってWEBデザイナーだったり、エセ主婦だったりする「あこまる」のあれこれ。
大阪地方協力本部 女性防衛モニター12期生(2011年度)として活動しました。
これからも「乗りミリ」「話しミリ」として、自衛隊好きはやめられませーん!
投稿日 : 2011.09.01
カテゴリー : ジョモニ, 自衛隊

自衛隊女性防衛モニター:富士総合火力演習 その1


いつものようにいつもの場所に
朝の7時半に集合して、いつものマイクロバスで出発!
ただし今回は今までで一番の長旅。片道7時間半!(予定)

そうですよ、富士総合火力演習ですよ とうとうこの日が来ましたよ!
モニターになるための面接の日
「総合火力演習は連れていっていただけるんですか?」とK少佐に聞いて
「あぁ、例年行きますよ!」とドヤ顔付きで答えていただいた日から
待ちに待ちに待ちにまった そ う か え ん ですよ!
…しつこいねwww

大阪地本の皆さんに手を振られながら見送られ、長旅に出発!
バスの中で皆のテンションが高いったらありゃしないwww
バスだっていつもとは違う特別仕様だ!
…って、モニター隊の名前が書いてある紙が貼ってあるだけやけどwww
(旅館に着いてから撮った写真やから、旅館映りこんでるけどスルーでwww)

いつものように高速に乗って走りが安定したら、班長からのブリーフィング開始。
そもそも総火演とはなんぞや?というところから。

ま、ざっくり言えば年に1度 東富士の演習場で
陸上自衛隊最大の演習が行われるってことです。
実弾がばんばか惜しみなく飛びます。戦車もヘリも山盛りです。
お天気が悪いと中止になる部分もあるのですが
航空自衛隊のF-2との連携や、空挺降下なんてのもまとめて見れます。

ちなみに「空挺」って、なーんとなくわかったつもりで使ってる言葉ですが
正しくは「空中挺進(くうちゅうていしん)」もしくは
「空輸挺進(くうゆていしん)」の略だそうです。
要するに、飛行機やらヘリから隊員が落下傘(パラシュート)で降下して
敵の背後に部隊を展開させたりすること、というのが正しい定義だそうです。
こんな感じー。あくまでイメージ画像です。世界ではグライダーで降りる隊もあるらしいです。

空中で体を保ったり、着地後すぐに移動の必要があったり
(そらそうだ、担当地域はめっちゃ前線だもの)
装備もあまり重厚にはできないから
身体自身や戦闘能力が高くないといけないので
空挺団の隊員さんは、むっきむきのコワモテ揃いだとの噂。
近年想定されてる、対ゲリラ戦でもかなり重要なポジションなので
少数精鋭の体力自慢部隊だそーです。

っと、話がずれました。(いつものことかwww)
総火演とはなんぞや、に話を戻します。

まぁ「一年で一番大きな、実弾を使った演習」ということなのですが
どのぐらい大きいかーっちゅー話です。
「本番」と呼ばれる、一般公開の日は1日だけで
例年、8月末に行われるのですが
訓練そのものは7月から始まり、8月にかけて1ヶ月行われています。
そして8月の後半になると陸上自衛隊富士学校の主催という形で
団予行、学校予行、教育演習と3回の予行が行われます。
この「教育演習」っちゅーのが、アタシたちがお邪魔した日です。

なおかつ一般には非公開ですが、学校予行・教育演習日などの夜には
夜間演習っちゅーのも行われます。
74式戦車のサーチライトがびかーっと光ったり
暗視システムを駆使したり、照明弾が空に明るく輝いたり。
ちなみに照明弾の明るさって「カンデラ」で表現するそうですが
1カンデラ=100Wの蛍光灯の明るさだそうです。
120ミリ迫撃砲の照明弾だと500メートルの高さで破裂して
160万カンデラの明るさだそーです。
160万つってもピンとこないけど、東京ドームと同じ面積を照らせるんだそーで。
もうここまで来るとわけがわからないwww
こちらも画像はイメージです。でも実際の夜間演習の風景です。
画像で見るより、実際に居るともっと明るく見えるそうですよー。

そして「本番」の日は、一般の方々の中で希望者をつのり
(毎年、ハガキとインターネットで応募できます)
陸上幕僚監部主催で一般公開演習が行われる、という流れ。
【用意周到 頑迷固陋】がモットーな陸上自衛隊らしく
とにかく繰り返し繰り返し、本番まで念入りに調整されるようです。
本番の日は、年によっては防衛大臣まで来ちゃう。
ちなみに2010,2011年と 北澤防衛大臣が来られてたそうです。
これが公の場に出る最後のお仕事だったのかなー。

1日に演習見学する人数は、約2万4000人(本番当日)。
予行の日は少し少ないとしても、これが4日間あるわけだから
見学者だけでもざっと考えて8万人規模というわけです。
近所のお店は稼ぎ時なんでしょーなぁwww

演習に出る隊員さんは約2400人。
戦車・装甲車は約80両。
火砲が約40門。
(「かほう」と読みます。大砲とかミサイルとか小銃とかの、火がでる武器の総称。
しかし数える単位が「門」って、初めて知ったわ)
航空機(飛行機+ヘリ)25機。
弾薬の使用量は約40トン/1日(約3億2千万円ですって!)
でも弾薬には使用期限というものがあるので
税金の無駄遣いじゃー!ってな意見はナンセンスです。
…ここいらの話をすると長くなるなwww

ちなみに1発あたりで考えると、一番お高い弾薬は
96式多目的誘導弾 -Wikipedia参照 ってーやつで、5000万円もするんですってよ。
動画も発見しましたが、高価なわりには地味ですwww
[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=QQb-3U6hL80[/youtube]

まぁ2年前から陸上自衛隊の公式サイトやニコニコ生中継で
ネット配信(もちろんリアルタイム・ライブ配信!)がおこなわれてたり
Youtubeにも動画が山ほどあります。興味があればそちらをぜひ。
予行は当然ながら招待制、一般公開のチケットは当選率が激低で
今年の場合はハガキ10.9倍 インターネット8.8倍の当選確率。
…インターネットのほうがええっちゅーことやねwww

しかも単なる入場券だけじゃなく
会場のすぐそばに車が止められる「駐車券」なるものも存在して
そちらはさらに倍率ドン!な感じ。
一応、最寄りの御殿場駅からシャトルバスも出てますが
こちらだととにかく混むそうです。
しかも乗客がいっぺんに到着するから、列の並びも半端ない。
マイカーだったら色々と便利だーってのが
駐車券の倍率がくっそ高い理由だそうです。
…今回のアタシらは、自衛官引率でマイクロバスで駐車場直行やったから
ほんまありがたい話であります…感謝感謝。

こんな演習がなぜ行われるのか?またなぜ一般公開するのか?
それは火力戦闘の様相を、自衛官に認識させるための教育の意味合いと
陸上自衛隊の能力を一般国民に知ってもらって、理解してもらうため。
両方の意味合いを兼ねての演習っちゅーわけです。

お天気に左右されるプログラムもあるので
一週間前から週間天気とにらめっこしてたアタシなのですが
どうにもこうにもお天気が悩ましい感じ…。
みんなでバスの中でわいわいと晴れを祈りながら
バスは陸自Oさん(1曹)とSさん(1曹)の運転で
高速道路をひたすら東へと走るのでした…

はい、いつものように続くよー 今回もたぶん長いよーwww

4 件のコメント

  1. J太郎 より:

    駄サイトですが、訪問ありがとうございました!
    女性防衛モニターをされてたんですね。
    ブログも大変楽しく拝見しました。

    これからも更新を楽しみにしています!

    • あこまる より:

      いらっさいませ ようこそー!

      あこまるどっとこむこそ駄ブログですが
      どうぞお気軽に遊びにきてください!
      ちなみにまだまだ来年3月まではモニター現役です!
      9月の大阪湾の展示訓練も行きまっせー :love:

  2. マロ より:

    あはは~その1はまだバスの中!(笑)
    けど色々と為になりますッ☆

    • あこまる より:

      せやねん、まだサービスエリアにも着いてないねん :www: :www: :www:

      まぁ、ぼちぼち書くよ ぼちぼち。
      色々復習とか補完しながら書くのが
      アタシのスタイルなんだなーと今さら気付いたわ :onigiri:

ご意見・ご感想をお気軽にお書きください。 コメントは管理人の承認後に表示されます。


:www: :thanks: :run: :punch: :pre: :ouji: :onigiri: :ok: :love: :love2: :kira: :hyaho: :gaha: :dance: :chu: :cat:: :ase: