なんちゃってWEBデザイナーだったり、エセ主婦だったりする「あこまる」のあれこれ。
大阪地方協力本部 女性防衛モニター12期生(2011年度)として活動しました。
これからも「乗りミリ」「話しミリ」として、自衛隊好きはやめられませーん!
投稿日 : 2011.09.09
カテゴリー : ジョモニ, 自衛隊

自衛隊女性防衛モニター:富士総合火力演習 その5


富士総合火力演習 その1 : その2 : その3 : その4

そろそろ始まるかねー なんて自分たちの席に戻ったら
アタシたちの席の目の前あたりを、巨大なローラー車がごろごろと。
でっかいダンプで、泥だらけになった演習場に豪快に砂を入れて
ぐわんぐわんローラーかけてました。
阪神園芸さん(甲子園球場のグラウンド整備の技術の高さで有名!)も
真っ青になるんちゃうかっちゅーぐらいの手際のよさwww
ダンプとかローラー車なんてあるんですねー とSさんに聞いたら
「陸を走るもんで、自衛隊にないものはないですよ」とのこと。
…その事実も、そのセリフもかっこよすぎ!!!

待ちにまった10時過ぎ、会場全体の説明から演習は始まります。
今あっちで白煙が上がってるとこが三段山ねー
今あっちで黄煙が上がってるとこが○○ねー なんて説明があって
それをちゃんと真面目に聞いておけば
実際の演習が始まってからも、着弾点がわかりやすくてイイです。
もっちろん、ひとことも聞き洩らさぬよう 必死で聞いてましたwww

演習は前段演習と後段演習の2部構成。
前段演習(要するに前編)は、1時間みっちりかけて
いろんな装備品の紹介と、実際の使われっぷりを見せてくれます。
後段演習っちゅー後編部分は、30分しかありませんが
一部分を占領されたから奪回する、というシミュレーションの上で
色んな装備品が連携して 一連の攻撃をするという
いわば超壮大な物語仕立て という豪華2部構成です。

前段と後段の間には、音楽隊の演奏もあります。
全部終わったあとは、また音楽隊が演奏したり
装備品の展示とか 広報ビデオの放映があったりします。

前段の開幕は、航空自衛隊のF-2が飛んできて 爆撃!
のはずが、雨天中止…(つД`)
あーん F-2ちゃん見たかったよー なんて言ってるのもつかのま
あれやこれやと 変わった車がやってきて 口があきっぱなしになりますwww

色んなサイズの自走式りゅう弾砲が出てきたり
今津の普戦協同訓練でも見た81ミリ迫撃砲やら120ミリ迫撃砲やら
(興味のある方は、今津の時の記述も合わせてご覧ください)
対戦車誘導弾とか、噂の「1発5000万円」の多目的誘導弾とか。
実弾がばんばか撃たれる光景が、まるで映画の中に来たみたい。
音と風圧がなかったら、実際の光景とはとても思えません。

そんな中、ヘリコプターがばりばりと音を立てて飛んでくるところからは
もう話し声も聞こえないぐらいの爆音!
会場に流れるアナウンスも、ぜんっぜん聞こえません。

戦闘機にも負けず劣らずカッコイイ、自衛隊のヘリコプターちゃんたち。
アタシなりの見分け方と、素敵ポイントのご紹介。
(写真はGoogleの画像検索からひっぱってきたもので、アタシが撮ったものではありません)

まずはAH-1S・コブラちゃん。
世界のほとんどの国でバリバリ現役大活躍中の、世界初の本格的戦闘ヘリ。
尾翼についた小さなプロペラがキュートです。
でも前から見ると薄っぺらいです。アタシゃ「さかなクン」と心の中で名付けました。
前に射撃手・後ろに操縦手のタンデム型。確かに縦に並んでるー。
横に両腕のように出た部分から、バババババッと発射します。

AH-64D・アパッチさん。
アメリカ陸軍では、コブラさんにとって代わったコワモテさん。
高性能なのは間違いないらしいですが、それ相応にお値段もお高いそうで
自衛隊への導入過程では紆余曲折あった子だそーです。
こちらも尾翼にプロペラ付き。でも尾翼の形がコブラさんとは違う。
んでもって やっぱりちょっぴりさかなっぽいけど、頭にポッチがついてるの。
コブラさんがフナだとしたら、アパッチさんは箱フグっぽい。

UH-1・ヒューイさん。
ぷちゅっと出たお鼻が これまたキュート。
700系新幹線みたいなカモノハシ系とでもいえばいいでしょーか。
彼は輸送だったり攻撃だったりと多用途ヘリなんですが
徐々に後述のUH-60Jと入れ替えられつつあるのかな?

っと、そんなUH-60J・ブラックホークさん。
元はUH-60というアメリカ製のヘリコプターを
三菱重工が改造して製作してるのが彼。海自の救難隊にいるのも彼なのです。
全体的にスリムでぺたっとした機体。
でも結構大型で、たくさんの人が乗れるのも特徴です。国産ってのがまた素敵。

観測・偵察ヘリのOH-1・ニンジャさん。
こちらも国産です。機体が川重・エンジンが三菱だったかな?
尾翼のとこに穴が空いてるから見分けるの簡単ー。
ちなみにアメリカ製の飛行機は
アパッチ・カイオワ・シャイアン・コマンチ なんて感じで
インディアンの部族名の愛称がつけられることが多いんですってよ。
OH-1は国産だってことと
「敵陣に忍び込み情報を得る任務」にちなんで、ニンジャと呼ばれてるそうです。

ちなみにOH-1の前に観測ヘリとして活躍してたOH-6・カイユース。
この日は出てなかったんですが、愛らしいタマゴ型で大好きです。
世界でも「フライング・エッグ」なんて呼ばれてるそーですよ(´∀`*)ウフフ


そしてやっぱり自衛隊のヘリといえば、CH-47J・チヌークちゃん。
プロペラが2つついてるので、遠目でもすぐわかります。めっちゃデカいし。
空挺が彼に乗って降りてくることもあれば、物資だってガンガン運ぶし
車だって運んじゃいます。ほら、このとおり!
(写真は自衛隊のチヌークじゃないけど)
ちなみに、福島第一原発に自衛隊が上空からヘリで近づいて
放水したシーンを覚えてる方も多いと思いますが
チヌークちゃんに大きなバケツを運ばせて決行したんですよ。

でも後ろのハッチ部分は、どう見えてもカエルちゃん。
びっくりどっきりメカ はっしーん!(古)って言いたくなります。

そんな感じで、山ほどヘリコプターが出てきて大興奮状態。
ちなみに肉眼ではあんまり見えませんが、撤収時には手を振りながら去る自衛官たち。
見えないんだよ、ほとんどの人には。
でもね、こうやって手を振ってくれてるんだってさ。あぁ、なんて素敵なのっ!

同期メンバーとの約束だったので、ヘリコプターをあれこれご紹介してみました。
うん、整理してみると こんだけいっぺんに見れたってのは
ほんっと豪華だわ。豪華すぎる。

そして山ほどのヘリのあとは、とうとう戦車が!!!
でも長くなったから また別に書きます。前段演習 戦車編へ続く。

4 件のコメント

  1. J太郎 より:

    あああああ
    本当にうらやましいうらやましい
    写真見てるだけで体がムズムズします。

    俺も総火演行きたい(´;ω;`)ウッ…

    • あこまる より:

      ほんま素晴らしかったです。
      あれでお天気さえよければ完璧やったんやけどなぁ :ase:
      絶対もう1回行ってやる!と心に誓っているであります :onigiri:

  2. あ→たん より:

    なんてっ!!
    めちゃくちゃ、分かりやすい解説なんでしょ :thanks: こんなに、たくさん飛んでらっしゃったのねw

    私が、一目惚れしたチヌークちゃん :love: 撤収時に手を振ってくれてたとは知らず…
    あぁ~もったいないことをした :ase:
    次は、ぶんぶん振るゾ :punch:

    • あこまる より:

      なーんとなくやけど、あの日飛んでたヘリ
      どんなんやったかアタシなりに書いてみたよ :love:

      ホンマ、撤収んときは手を振ればよかったねぇー
      これからはぶんぶん振ろう そうしよう :punch:

ご意見・ご感想をお気軽にお書きください。 コメントは管理人の承認後に表示されます。


:www: :thanks: :run: :punch: :pre: :ouji: :onigiri: :ok: :love: :love2: :kira: :hyaho: :gaha: :dance: :chu: :cat:: :ase: