なんちゃってWEBデザイナーだったり、エセ主婦だったりする「あこまる」のあれこれ。
大阪地方協力本部 女性防衛モニター12期生(2011年度)として活動しました。
これからも「乗りミリ」「話しミリ」として、自衛隊好きはやめられませーん!
投稿日 : 2012.02.29
カテゴリー : 自衛隊

護衛艦いせ・さざなみ 神戸寄港と阪神基地一般公開(その4)


その1 その2 その3

さて、神戸港で大型艦艇の写真を撮りたいマニアの間では
とっても有名なスポットに移動しますよーぅ。
ポートターミナル駅から、てくてく歩くこと10分ぐらい?
ポートアイランドへ続く神戸大橋を徒歩で渡ります。

そしてポートアイランドへ渡ったら、神戸大橋の下に広がる北公園へ。
北公園の横に、魚釣りにぴったりな場所があって
そこからだとポートターミナルに泊まってる大型船舶が撮影可能だとのこと。
歩くだけで行けるんだから、行くしかないでしょーぅ?
もう、着いたら感激の景色が広がってて 一瞬寒さも忘れてしまいそうな気持ちになりました。


普通サイズの写真と、パノラマ撮影と両方チャレンジしてきました。
クリックするとパノラマ画像が表示されます。
(知らないお兄さんが映りこんでるけどキニスンナー)
写真で見ても壮大な景色ですが、生で見ると ほっほー!と声が出ます。

そして普段はあんまり見ることのない「いせ」さんの左側。なんだか不思議な気分!
非常用ボート(正式にはなんて言うんだろ?)がいっぱいあちこちにハマってます。

そして「さざなみ」さんの後ろに出てた救助用ボートは、「いせ」さんにも出てました。
ただ、大きな大きな「いせ」さんと比べると、おもちゃみたいに小さかったwww

神戸港をぐるぐる回る、観光用の遊覧船も ぐぐっと「いせ」さんに近寄ってます。
そんな様子もこちらから眺めることができますのん。
でもあまりの大きさの違いに、なんだか微笑ましくなるぐらいwww

少し移動して神戸大橋の真下に行けば、真正面からの「いせ」さんのお姿も見れます。
こんな姿も、なかなか見れるアングルじゃないもんねー。

色んな角度から 「いせ」さんを堪能したら、風邪をひくまえに退散!
ちなみに神戸大橋の反対側を見ると、メリケンパークとかポートタワーとか
「いかにも神戸!」ってな景色も広がってます。

もちろん阪神大震災の頃は「いせ」さんはまだ生まれてなかったんですが
もし万が一、ああいった大型災害が起こった場合でも、神戸港には入港できるってことが
今回の一般公開でよーっくわかりました。
まぁ阪神大震災の時は岸壁が壊れてたり、ポートアイランドが液状化現象で大変だったりしたけど
それでも、着ける港かそうでないかってのが大きなポイントだと思うわけです。

ちなみに「いせ」さんにはブリーフィングルームもたくさんあって
そういうお部屋は万が一の災害の際には、地方自治体の拠点としても使えるとのこと。
今回の東日本大震災の際には進水式もすませてなかったうえに
まだまだ訓練の練度が足らないということで、派遣には至らなかったのですが
お姉さんの「ひゅうが」さんは、三陸沖で頑張ってらっしゃったそーです。
有名になった、米軍との「トモダチ作戦」にも貢献したとか。
「いせ」さんも有事の際には大活躍してくれるとは思うのですが
いつもアタシが思うのは、出来ることなら

訓練ばっかりで退屈なおフネであってほしい

ということ。【有事】なんて、ないに越したことないんですから。
普通のサラリーマンやら会社やらと違うんです。
逼迫した仕事がないことが一番国民にとって幸せなんです。
だからこうした艦艇公開が行われるってことは、平和な証拠なわけで。
でも「いざ」という時に向けての訓練は、しっかり頑張っていただきたい と思います。

次に護衛艦の見学できるのはいつかなぁー。
もともと「どっちかっつーと空派」で女性防衛モニターになりましたが
すっかり「海派」なアタクシなのでありました。

女性防衛モニター活動 八尾駐屯地でヘリコプター体験搭乗編を読む

ご意見・ご感想をお気軽にお書きください。 コメントは管理人の承認後に表示されます。


:www: :thanks: :run: :punch: :pre: :ouji: :onigiri: :ok: :love: :love2: :kira: :hyaho: :gaha: :dance: :chu: :cat:: :ase: